ウイニングイレブン2018β版、体験版をやってみましたが、まず明らかに違うのは格段にウイイレ2017より、ドリブルで方向転換するときモッサリしています。

そしてカーソルか効いています。

 

ウイイレ2018 もっさり

モッサリしているのは別に悪いことじゃなく現実の人間のスピードに近くなっているので、より没入感があるので、ドリブルで2人の隙間を抜いていったりした時には達成感が増えるのでこれはかなり良かったです。

モッサリ具合はFIF17と同レベルかなと思います。

今まではモッサリ感はFIFAの方が普通にリアルでしたが、やっと追いついた感じでした。

モッサリ感だけFIFAに追いついたなら文句ないのになと思っていた人は多いのではないでしょうか?

確かにモッサリ感はリアルになりましたが、FIF18では今までドリブルの選手の動きの再現度、顔が似ているに関してはウイイレの方がリードしてきたのですが、FIFA18になって、ドリブルの選手の動きの特徴が現実さながらの動きになるようです。

こうなってくると没入感はFIFAに軍配が上がりますね。

 

FIFA16女子代表チームFIFA17ではJ1を収録してきたのでFIFAに移る人が増えてきましたので、選手のドリブルの動きを現実のように再現されたらウイイレからFIFA18に移る人がもっと増えそうですね。

 

ウイイレ2018体験版では、ドリブルのリアルさの違いは進化してるようですが、体験版では進化を感じられませんでした。

 

ウイイレ2018 カーソル

ウイイレ2018では守備時ボールの一番近くにいる選手にカーソルが白い半透明のカーソルが付くようになりました。これによって、ボールの近くにいる選手が一目でわかるので誰をプレッシャーに行かせたほうが良いかがすぐわかります。

今までだと誰が近くにいるんだよ?と探さなくちゃならなかったのですが、その手間は僅かながらも、手間が省けましたのは、ありがたいですね。

 

ライセンスに関してはウイイレ2017は酷かったですが、少しは改善されるようです。

β(ベータ)版と体験版の違いは感じられませんでした。ただ、コープモードがオフラインでCOMと対戦になりエキシビションもCOMとの戦いで、12チーム使えるようになっただけでした。

 

ウイイレ2018の仕様