サッカーゲームでなかなか勝てないなんてことはありませんか?

ウイイレFIFAでの勝つための基本

まず、基本はピッチの選手自体だけを見てプレイしないことです。ちゃんと選手のマップも見てプレイしなくてはいけません。

もし選手だけを見て、マップを見ないで操作していると、センターバックなどの選手がプレイしているとプレイの場所によっては、一人だけの選手を動かす場合じゃないならカメラはボールを追いますので、普通の設定の角度では見えないので、簡単に裏を狙われます。そうなってくると簡単に点を取られてしまいます。

カメラ設定で空からのアングル設定にすれば見えはしますが、小さいので選手の操作はしづらいですし迫力がありませんので、なかなかする人はいないと思いますが、選手がどのように動いているかという面では、全体を見渡せる分、学ぶことができますので、初心者の方は、時々でもいいので、そのような設定でコンピュータと対戦するのも良いかと思います。

※オンライン対戦では設定は固定されています。

なので、マップもちゃんと見つつプレイしてください。

もちろんマップばかりを見ていては奥行が分かりにくいので、特に近くにいる選手はマップ以外で選手の動きも見てください。

 

パス回しの注意点

パスをしていく時、ここにパスを出した場合この距離感なら相手がパスカットしに来れるということもあるので、距離感など判断してパスを回す必要があります。

それと早く得点をしたいという気持ちのあまり、縦への意識が強すぎて、選手がまだ揃っていないのにも関わらず、とりあえず前にパスしすぎるのも良くないです。そうなってしまえば、囲まれたりして簡単にボールを奪われてしまいます。

そして攻撃に人数をかけすぎるのも良くないです

もちろんかけた方が、点は取れやすいですが、それよりボールを奪われた時、カウンターを狙われて点を取られてしまう可能性がかなり高まってしまいます。

なので相当攻撃に自信があり、守備にもある程度は自信があるなら全然ありですが、相手が攻撃が上手かった場合ボコボコにやられます。それがオンラインの世界です。

 

戦術に関しては特に正解はないと思うので自分の得意なサッカーにあった戦術やフォーメーションを設定しましょう。

自分の得意な戦術や選手の特徴が一致したチーム使えばレアルを使うより日本代表を使ったほうが勝てるということもにもなります。

 

それと、選手の利き足がありますが、それを覚えておくことで、シュートするときなどにフーリーで余裕がある時には体制を変えることで利き足で蹴れたりするので、そうなればシュート精度も上がるので覚えておくと良いです。

 

最低限、以上のことは気をつけないとネット対戦では勝ち上がるのは相当難しいです。

裏のケアもちゃんとしておかないとネット対戦には強者がゴロゴロいますので、ボッコボコにやられてしまいます。

 

ウイイレFIFAで勝つために必要なこと

※ここからは初心者の方は、まず自分で考えてプレーして探っていくという面白さを味わったほうが良いので、下記からは何回もプレーしても負けてしまう゚゚(゚´Д`゚)゚原因がわからないという人だけ見るようにしてください。

マップも見る

マップを見ずに選手だけを見てプレーしていませんか?

普通のカメラアングルでプレーをしている人で、ドリブルするときはマップを見ずに抜かないと奥行が掴めないので選手だけを見るのはありですが、それ以外でマップを見ずにプレーしてしまうと、ディフェンスラインにいる選手がどこにいるのかが、相手のゴール前に近づけばもちろん分からなくなります。

そうなってしまいますとマップを見ていないわけですので先取の場所が分からないため、対戦相手にパスを出されると簡単にディフェンスの裏を取られてしまいます。

なので攻撃にかかわらず守備の時もマップを見て味方の位置を把握して裏を取られないようにしたりする必要があります。

アングルを空から見たような設置にすればマップを見なくても大丈夫なのですが、それだと迫力がなくなってしまいますので、どうしても初期設定ぐらいのカメラアングルにしてしまいますので、マップも見ながらプレーするのは絶対必要です。もちろんマップだけを見てプレーしては奥行がつかみづらいので、両方見る必要があります。

片方だけ見てプレイしてたらいくら上手くても上手い人と戦った時には5点差とかで負けるのは当たり前だと思ってもらってください。

 

カーソルチェンジをマニアルでも変える

カーソルチェンジは守備の時ボールに近い選手が自動的に切り替わりますが、マニュアルでカーソルチェンジすることもできますので、そちらも状況によって使い分けてください。じゃないとなかなか勝つことはできません。

使うポイントとしては、相手のパスコースをカットする時、相手のボールを持った選手にプレスをかけに行き、プレッシャーをかけてパスを出すように誘導してパスを出しそうな相手選手の前のに行くのですが、パスを出す直前でパスを受け取るであろう選手の近くの自分の選手にカーソルにカーソルをマニュアルで合わせ、カットしに行ったり、

ディフェンスの裏を取られないようにするために、もしプレッシャーをかけに行ってドリブルでかわされたりしたとき、まずディフェンスラインの選手にマニュアルでカーソルを合わせるべきか心がけておくといいかと思います。

ディフェンスラインで気を抜くとあっという間に裏にパスを出され簡単に点を取られます。上手い人は皆裏はちゃんとケアしているはずです。

そうしないとオンラインランキングで上位に入るのは無理と言ってもいいでしょう。

 

距離感を大切に

パス回しをていると見方にパスをする際にパスをもらう選手の近くに相手選手がどれだけ詰めているかなどを見る必要があります。見ていないと距離が近すぎた場合、パスを出して転がっているスキにパスを受ける選手の前に入り込んでパスカットを狙われるといったことが起きてきますので、距離感を考えながらパス回しをしてください。

逆に近かったら近かったで有利になることがあります。

例えば、パスをして出された選手に相手選手を惹きつけることで裏にスペースができ、そこにパスをするなりといったこともできますので、状況を見て、パスを出すべきか判断してください。

 

選手の特徴も生かす

選手には得意なプレーなど、特殊なスキルを持った選手がいます。

自分が裏に抜け出す動きに特徴がある選手なら、その能力は能力値のところに記載されています。ですが能力が発揮できるポジションがその能力を発揮できるポジションに選手を設置していないと能力を最大限に発揮できないので、ちゃんと発揮できるポジションで使ってあげましょう。

 

戦術は自分に合ったものを使う

 

戦術は細かいパス回しが得意で常にカウンターを狙っているならウイイレだったらショートのパス回し設定にしてカウンターなどの設定にするなど、

バルセロナのようなパス回しが得意ならば、ショートパスのポジショニングなど、自分にあった戦術にしたほうが勝ちやすいです。

 

それとウイイレ2017はワイドにパス回しをするやサイド攻撃を中心にするなど攻撃に限らず守備面でも様々な戦術を設定できるようになっているので、それにより、より自分にあった設定をすることができます。

FIFAは結構前からそういったことはできましたが、ウイイレ2017ほどそういった設定の戦術設定の種類は多くないのですが、FIFAの場合は選手のポジションにより戦術の設定は違ってきますが、選手ごとにこの選手はサイドからの攻撃を中心に組み立てるなどのことができますのでFIFAも素晴らしいものがあります。

FIFAはたぶん選手自体の動き出しがリアルなのでそれを純粋に楽しんでほしいという思いからこのような仕様になったと思います。

なので戦術も大事ですしチーム選びも大切になってきます。

チームでレアルマドリードを使うよりも、セビージャを使ったほうが勝てるや日本代表を勝てるといったことも起こってきます。

自分がどのチームの戦術に合っているのか?ということも考慮していろいろ試してみるのもいいでしょう。

そしてチームを選んだらあらかじめ設定されているそのチームの設定がそれぞれありますが、あまりにも変更してしまいますと、そのチームにあった戦術ではなくなるので、選手同士の連携が悪くなったりしますので、変え過ぎもよくないと思います。

 

選手の利き足も大事

人には利き足がありますが、それを意識してポジションを左側に位置するか右側に位置するかでも少しは制度が違ってきます。

普通にショットパスをするときはたいして影響ないのですがロングパスやシュートする時、少しは違ってきます。

例えばゴール前付近のクロスを上げるようなところに居たとして、その選手が左利きの場合曲げてシュートしようものなら左足で打ったほうが入りやすいですので、そんな時などに利き足は重要になってきます。

これにより入るものも入らなくなるなんていうことも僅かにあります。