FIFA17の進化したとこは?

 

セットプレーの改良

コーナーキック

以前はボタンを長く押すほど力が加えられ、ボールの飛距離が伸びましたが、FIFA17では、左スティックを使ってペナルティエリア内の好きな場所を任意狙い、クロスを送れるようになっています。

 

それは、ターゲット地点を示すマークが画面に表示されるのですが、これを動かすことで狙いを付けます。
短くボタンを押すとふわりとした軌道のボールが蹴られ、ファーポストや背の高い選手を狙う際に役立ちます。 そしてボタンを長く押せば、ボールの軌道がより鋭くなり、ニアポストを狙うかといったことができるようになります。

これによりセットプレイの時に今までは選手にボールを合わせるとき選手を選択して、その選手めがけてクロス、フリーキックを上げることまでしかできませんでしたが17は好きな場所をポインターで指摘して、そこに蹴り込んでそこに選手が走り込んでくるので、戦術の幅が増えますので、あえてここに蹴るといったことができるようになります。

 

そしてヘディングの時これまでにはなかったんですが、叩きつけてシュートを自由な角度でできます。
もちろんいままでもヘディングシュートは方向を決められたし、叩きつけるといったことは競り合った時に叩きつけてシュートになることはありましたが、叩きつけるのを意図して、できませんでしたが、17からできるようになります。
■フリーキック

ボールの後ろの好きな場所に選手を配置し、助走を開始します。

今まではウイイレも含め選手を好きな位置で助走させることはできませんでした。

選手の動きだし自体はウイイレもFIFAもこれ以上ないぐらいの出来なんですが、セットプレイに関してはどちらも改良点がまだまだあるんですね。

それの細かいところのポジショニングが今回から進化しまくっていくでしょう。
■スローイン

スローインが17からフェイントが追加されます。
スローインフェイントも微妙に嬉しいところですね。

うまく活用すれば、相手をだましてノーマークの選手にボールを出せるかもしれません。

■PK

助走中に自由に動きながら、様々な角度とスピードでボールにアプローチし、PKスポットから個性的なキックをコントロールして蹴ることができます。

 

 

The Journey

プレミアリーグ(イングランドリーグ)の次世代の申請Alex Hunterとしてストーリーを体験していくモードです。
今までもウイイレFIFA共に自分の選手を作ってプロになり進めていくモードがありましたが、そのストーリーは試合の他にはインタビュー的なものしかなかったのですが、今回初めてちゃんとしたストーリーモードが搭載されます。

プレミアリーグでは好きなチームを選ぶことができて、選手のに対する質問の答えによりストーリーの展開が変わるようです。

ちょっとした映画みたいな感じになっています。

 

それと、FIFA17はボールを持っている選手の近くの選手にアナログスティックを向けてボタン選手を呼び込むボタンを押すと、近くに来てくれるようになりました。

これはウイイレですでに数年前のやつから、アドバンスパスといってマニュアルパスみたいな感じの細かさでパスできて、そこに選手が走り込んでくれるといったことができますし、マニュアルパスを出してもアドバンスパスとまではいかないものの、パスを出したいところに出せば、選手がそこにボールを取りに来てくれはしますので、ウイイレの方が細かくできるのですが、

それだと選手が離れたところにいた場合、アドバンスパスを出したとしても、パスカットされる可能性があります。

しかし選手を呼び込むことができれば、呼び込んで、都合のいい位置に来た時にパスを出せばパスカットされずに済みますので、そういった面で考えれば、あえて選手を読んで○○など戦術が立てやすいのはFIFAの方が良いですね。

これが搭載されたことで結構戦略の幅も増えるようになりました。

それと選手の動きだしも前作より少しリアルになっています。

そしてウイイレ同様フィジカルも、より生かしたサッカーができます。

 

 

関連記事

ウイイレ2017の進化

fifa17とウイイレ2017の体験版の感想

ウイイレとFIFAの違いの全て