ウイイレFIFAの違い

ウイイレとFIFAはどう違うの?どちらがいいの?と思う方は見てください。

 

 :販売会社

・コナミデジタルエンタテイメントのウイニングイレブン

・エレクトニック・アーツのFIFA

 

 

 ※下記の情報はウイイレ2016・FIFA16のものです。

 

 選手の動き

選手の動きに出しに関しては、FIFAの方が結構リアルです。
ポジショニングの動きのリアルさが実際が100だとしたら、

FIFAが93ぐらいでウイイレは84ぐらいです。

 

ですがイイレは攻撃時に二人同時に動かすことが出来ます。
FIFAは動かす選手を二人同時をまともに操作できないですが、FIFAの場合だと動きが相当リアルなので、こいつは、頭がいい選手なので、この裏にパスが来ると予測し、動いてくれるだろうと思って、そこにパスを出すと通ったりします。
しかしウイイレは二人同時に動かすことにより、一人をどうやって、おとりに使うか?などの戦略の幅が自分なりに組みたてれることで、攻撃の幅がるので、少し大げさかもしれませんがバリエーションは無限と言っても過言じゃないです。
ただしマニュアル操作で二人目を動かそううとすると認識するまでの反応が遅いですし、操作の慣れが必要。
それを補うためにマニュアルじゃなくただ前に好きな選手を飛び出せといった指示を選手に出すことができます。

 

これなら認識も早いので初心者の方も直ぐに使うことができます。
そして、FIFAも認識の早いバージョンのやつならFIFAにも同様なことができますが、FIFAの場合は近くのでの選手を選択して飛び出せに対し、ウイイレは遠くの選手にも指示ができますのでウイイレには敵いません。

 

 

FIFAは二人同時に動かさなくても、攻守のバリエーションがリアルな分、多いですが、マニュアルでは動かせないのでバリエーションに限界があることになります。

 

そう考えたらウイイレの方が実質、動きは、その人次第でFIFAを超えることだって可能ですが、使いこなせてる人は、
おそらく半分もいないでしょう。

 

そして、自分がサッカーゲームが得意だと証明しやすいのはFIFAだと思います。

 

FIFAは動きをよく見て、この選手はこういう裏の飛び出す動きが上手いから、このタイミングでパス出せば、

ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!ーマジかよ(°д°)このタイミングでかよ!!

お前よく見てるなー天才かよっと思われやすいです。
それに対して、ウイイレはここぞという時にFIFAなら動いてくれますが、

ウイイレは裏への飛び出しになかなかいかない場合が多いので、裏をよく狙ってるなーというアピールができる機会がFIFAに比べて少ないので、

俺って上手いだろーアピールがFIFAに比べると、やりにくいです。

 

しかしウイイレで二人同時動かしを器用にマスター出来ればFIFAよりも上手さをアピール出来ます。

 

なので状況判断は得意だけど手先が器用じゃないという方はFIFAで凄さをアピールしてみるのもいいかもしれません。

 

そして初心者がサッカーゲームで早く上手くなるにはFIFAがお勧めです。

FIFAならウイイレよりもリアルな動きをするので、こんな時はこういう動き出しをすると良いんだー!となりますので、
非常に勉強になります。

 

なのでシュミレーションとしては100%FIFAの方が良いです。
コンピューター同士戦わせて見てるだけでもかなり勉強になります。

なのでサッカーが実際にある前にシュミレーションする人がいまくります。
それくらいFIFAの動きは素晴らしく、現在のソフトでも10年先でも楽しめるぐらい素晴らしい出来です。もちろんウイイレも10年先でも楽しめます。

 

その位この2強サッカーゲームは凄いんです(*´∀`*)ゲーセンもほかのメーカーが作っているサッカーゲームもありますが、比べものになりません。全く違ったスポーツといってもいいでしょう。

 

1の選手の動きに関しては、動きのリアルなのはFIFA、自由度が高いのはウイイレ、ということで

・ゲームとして考えた場合1-1の同点ですね。
・シュミレーションなら1ー0でFIFAの勝利です。

 

 選手自体のスピード感

前のシリーズまでならウイイレの方が、なめらかだったり、FIFAの方がなめらかだったりしてきましたが、ウイイレ2016よりは、FIFA16の方が少し滑らかで実際に近いスピード感だったりドリブルだったりしますので、

人間的なリアリティーならFIFAの方が良いですが、それが必ずしも良いとは限りません。

 

スピードが速い選手なら良いですが、遅い選手だとターンなどする時に、スピードが遅いので簡単にボールを奪われてしまい、パスを回してゲームをするといった事がなかなか出来なかったりするというデメリットがあります。

ですが、そういう選手をどうやってカバーして攻撃を組み立てるかという面白みがでてくるから、私はリアルならリアルなほど良いと思います。その方がリアルなので没入感が増えますし、その方が遅くてもドリブルで抜けた時の達成感がいいですし。ヽ(*´∀`)ノ

 

 

2は1-1で同点ですが滑らかでリアリティーがある方が没入感、達成感がありますので、FIFAの勝利かと思います。

          

 フェイント

フェイントはの数はFIFAの方が倍ぐらいあります(40近くあります)
なので試合での使いどころのバリエーションが増えます。

 

 スーパーキャンセル

スーパキャンセルとは、ウイイレのみの機能で、例えばロングボールなど飛んできたら、プログラム的に相手選手の後ろに付くことがありますが、
スーパーキャンセルを発動することにより、決められたプログラムをスーパーキャンセル使用中はそのプログラムを解除できるので、前に出て競り勝つといったこともできるし、

トラップをした時などボールがピシッと止まり、落ち着いてボールをドリブル出来るまでの時間を短くしてくれますのと、パスが来てトラップするのをプログラムで決められていたら、パスを出したとき止まって、その位置でボールをもらおうとする場合がありますが、

 

スーパーキャンセルすることにより、そこじゃなく自分で調節してもう少しボールをスルーしてもう少し前でトラップするといったことができます。

 

これによりどこで使うべきかという駆け引きがも楽しめるので、そういった面ではFIFAよりも深い味わいが楽しめます。

 

ショートパスをパスをただキャンセルする場合もスーパーキャンセルの操作で行います。
浮き球のパス、スルーパスもこの操作でできますが、浮き球パス、スルーパスは普通にただキャンセルボタンを押した場合はキックフェイントになります。

 

 選手能力値の方向性の違い

 ウイイレは選手能力値は、技術面での数値ですが、
 FIFAは活躍度としての数値です。

同じようなものですが、例えばウイイレはFWの選手で攻撃力が80なら守備力は50~60程度です。
実際もその程度だと思います。

 

ですがFIFAは攻撃80なら守備力は30~40とかが多いです。
実際では60とかも活躍はしてなく実質的には30~40だと思います。

守備を積極的にする人は違いますがFWはそんな守備をしませんので、

活躍度としてみたら30~40が正しい数値となります。

このように数値の視点が違います。
どちらがイイということはないと思いますので、これは同点だと思います。
        

 オンライン対戦

ウイイレはオンライン対戦やるなら日本に住んでいる人としか繋がりませんが、FIFAなら世界中の人と対戦できます。

しかし、FIFAはランキングが世界で何人オンライン対戦しているかは分かりますが、ランキングが100位までしか表示されません。

それは、ゲームの構造上選手の動き出しとかの処理にかなり負担をかけているため、そこまで作れないのかもしれません。

ウイイレは国内ですが、ちゃんと自分が何位中何位まで分かります。

そのメリットはかなり大きいです。

 

やはり、ゲーム性の次に大事なのはランキングだと思いますので、それがまともにできないのはちょっとねーって感じです。

 

しかしネット対戦じゃないなら、どっちもどっちっだと思います。

ウイイレは二人同時に動かせるので、それが上手くハマった時はFIFAより達成感はあります。
6はFIFAは世界中の人と対戦できますので、FIFAの方が上
ウイイレは順位がしっかりでるので、それはウイイレが上

なので1-1の同点ですが、順位はちゃんと分かる方が良いので、
世界中の人と対戦できなくても、オンラインに関してはウイイレの方がいいかと思います。

 

それと、ウイイレは前、本物の元日本代表監督がウイイレ世界一人と対戦するための日本代表を選ぶため、誰でも参加できる、オンラインでの日本代表選出や、どこかの会場で日本代表を選ぶ大会が行われました。

 

そして、世界一との人と対戦するやつは、日本代表として11人対世界一の人と対決だったので大会という感じではないですが、岡田監督の指揮の下、実況も合わせて、そんなことが行われました。

日本代表側は協力プレーの11人で、相手は1人プレーです。

 

 

日本代表に選ばれると、ある場所に招待され、実際に岡田監督と作戦会議して岡田監督が監督として参加して、試合をしていました。

ウイイレもFIFAもそうですが、普通に日本代表決定戦などを行い、1対1で行う世界大会も、年に一回ぐらい開催されています。

日本代表に選ばれると、他国に招待されたりして世界大会となります。

 

そのためにはオンラインで参加して選ばれるか、どこかの会場で、勝ち上がっていくかという方法もあります。

大きな大会じゃないなら誰でも参加でき、毎日10回とかぐらい行われているカップ戦の大会ならいつでも参加できます。
     

     

 グラフィック

グラフィックに関してはFIFAの方が光の表現が微妙にリアルで、芝もキメ細かいです。
その分、FIFAが上です。

 

顔の質感の表現に関しては、一番新しい(発売中)のFIFA16、ウイイレ2016は同レベルです。

 

15まではFIFAの方が顔の質感も微妙に勝っていました。
芝生はPS3の時は同レベルだったんですが、PS4になってからの最初のウイイレは芝生だけは進化が見られなく、FIFAはちゃんと進化していったために、芝だけは差がかなりあります。
芝生のキメ細かさはだけはウイイレもPS4で出た2作目からは1.5倍増しぐらいで、毎年新作がでるたびキメ細かくなっています。
まぁー芝だけは、かなり荒かったんですけどね(笑)

 

現在でもFIFAはウイイレより芝だけは1.9倍ぐらいキメ細かいです。
それとFIFAはウイイレにはない芝生がスライディングなどするとめくれるといったことが出来ています。
そしてピッチはどんどん汚くなっていくことにより、没入感も超微妙にウイイレよりあります。

 

 

グラフィックのリアルさですが総合的なグラフィックの感じ具合が、実際のテレビ放送が100だとしたら
PS4版にはなりますが、ウイイレは95、FIFAは96って感じです。
しかも42型のフルハイビジョンですが、これですからねー!!!

小型のフルハイビジョンで見たら、粗さが全く分からないぐらいなので実写レベルです。

しかしあまりに小さすぎると綺麗さも分かりづらいです。

小型なら22~32型ぐらいがお勧めかと思います。

 

それと選手の顔はウイイレの方が結構似ています。

FIFAは中には60%ほどしか似てない選手も数多くいます。
しかしウイイレは、ほとんど選手がそっくりです。
こちらは 日本代表  香川 真司です。

 

本物の香川
香川 

ウイイレの香川

香川 ウイイレ

 

FIFAの香川

香川 FIFA

このように結構FIFAは違います

 

ゲームの選手の動きの開発に経費をかけたり、チーム数の多さに力を入れているので、顔までそっくりにしようと思ったら、開発時間が莫大な時間必だろうから、仕方のないことかもしれませんが、選手の中には同レベルで似ている人もいます。

 

7は綺麗さという点ではFIFAで、似ているという点ではウイイレが良いです。

なので1-1の同点ですが、顔が似ていても、リプレイ中とかはカメラを寄せてズームやダイナミック設定でゲームをするとズームされているので分かりますが、それだとサッカーがしづらくなるのであんまり使わないから、似ていても意味がありません。

 

基本は実際に放送している感じで試合するので似ていても意味がないも同然です。

そう考えるとグラフィックに関してはFIFAの勝利ですね。
          

 

 モード

モードはどちらも一人の選手を操作して成長させて育てていく事がオフラインでもオンラインでもできるやつがありますが、そのモードの場合は、二人同時動かしがないので、動きがリアルなFIFAの勝利です。

 

このモードの仕組みはどちらも同じ感じで、特に違いはありません、メーカが違う程度とお考え下さい。
このモードは最高で10点まで評価され、自分のプレーが試合中に評価され、試合中に下がったり上がったりします。

10点満点ですが、10点の中でも5.3点とか評価があるので、100点満点で評価されているのと一緒です。

 

それとウイイレはカップ戦やチャンピオンズリーグモードや、国同士のインターナショナルカップ、アジアカップなどといった多彩なモードが用意されています。

 

そういった面ではウイイレの勝利ですが、カップ戦などは最初はしてみたりしますが、一回してみたり、カップ戦で優勝したりすると、ほとんどの人が、そのモードはやらないと思うので、カップ戦があったところで、あまり意味がないと思います。
それとFIFAはオフラインにはなりますが、リーグ戦を好きなチームを組み合わせて戦うことも出来るので、世界の超強豪チームのみのリーグ戦を作成することが出来ます。
オフラインとはいえ、これは結構良い仕組みだと思います。

 

6はモードが多いということではウイイレが上
FIFAは自由にチームを組み合わせるといったカスタマイズ性があるのでFIFAが上なので1-1の同点ですが、モードの種類が多くても、すぐ利用しなくなるので自由に組み合わせてリーグを作成できるの面白さは素晴らしいのでFIFAの勝利ですかね。

 

 

 チーム数

ウイイレのクラブチーム

・イングランドリーグ 20
・イングランド2部リーグ 24

・フランスリーグ 20
・フランス2部リーグ 20

・イタリアリーグ 20
・イタリア2部リーグ 22

・オランダリーグ 18

・スペインリーグ 20
・スペイン2部リーグ 22

・ポルトガルリーグ 18

・ブラジルリーグ 20

・アルゼンチンリーグ 30

・チリリーグ 16

・その他ヨーロッパ 20

・クラシックチーム 2(ワールドクラッシク)と(ヨーロッパクラシック)選抜チーム

・アジアチャンピオンズリーグ出場チーム

合計324チーム

もちろん収録リーグはウイイレ、FIFA共に全チームあります。

それと南米クラブチー部No.1を決めるやつなどありますが、これは出場したチームにより数が減ったり増えたりしますので、上記に記載の南米チームのやつもあれば、その国のチームじゃないチームもありますので、チーム数が決まっているわけではありません。

決まっているチーム数は上記に記載で全324チームです。

 

 

ウイイレの代表チーム数

ヨーロッパ 34
アフリカ 14
北中米 6
南米 10
アジア 15
オセアニア 2

合計81チーム(代表チームはワールドカップに出れるレベルのチームは全てあり)

カップ戦ではアジアとオセアニアが一緒に戦うことになっていて
オセアニアもアジアの枠に入れられています。

 

クラブチーム合わせると405チームあり、

+で上記以外のクラブチームで架空チームも50チームほどウイイレは存在しております。

 

 

FIFAのクラブチーム

・イングランドリーグ 20
・イングランド2部リーグ 24
・イングランド3部リーグ 24
・イングランド4部リーグ 24

・フランスリーグ 20
・フランス2部リーグ 20

・イタリアリーグ  20
・イタリア2部リーグ 22

・オランダリーグ 18

・スペインリーグ 20
・スペイン2部リーグ 22

・ポルトガルリーグ 18

・アルゼンチンリーグ 30

・チリリーグ 16

・ドイツリーグ 18
・ドイツ2部リーグ 18

・ロシアリーグ 16

・スコットランドリーグ 12

・スウェーデンリーグ 16

・スイスリーグ 10

・トルコリーグ 18

・オーストリアリーグ 10

・ベルギーリーグ 16

・デンマークリーグ 12

・アイルランドリーグ 12

・ノルウェーリーグ 16

・ポーランドリーグ 16

・コロンビアリーグ 20

・メキシコリーグ 18

・アメリカリーグ 20

・韓国リーグ 12

・サウジアラビアリーグ 14

・オーストラリアリーグ 10

・その他 24

合計660チーム
FIFAの代表チーム

・ヨーロッパ 28
・アフリカ 5
・北中米 2
・南米 10
・アジア 1
・オセアニア 2

合計48チーム
このせいか代表のカップ戦がありません。

しかしFIFA16は初めて12チームですが、女子代表チームを使うことができ、こちらなら女子のインターナショナルカップというものがあります。
ウイイレでも女子を採用していないので、これは待ちに待ったって感じでした。

女子チーム含め 合計720チーム

女子を採用したのは喜ばしいことですが、男女を戦わせることはできません。
そして残念なことに男女とも日本代表がいませんので日本人にとっては少し残念ではあります。
もし、日本代表を使わなくても能力値は誰もが知りたいと思いますので残念゚(゚´Д`゚)゚

なので日本代表チームをどうしても使いたいならウイイレにするしかないかなと思います。

しかし嬉しいお知らせがあります。

 

なんとFIFA17はJリーグが入るといううわわも出ていて、パッケージにもJリーグのマークがあります。

 

しかし、アマゾンなどのネットショップでの商品詳細では、Jリーグ全18チームがプレイできると記載がありますが、プレイステーションのPSストアにはJリーグオンデマンドに登録すればいつでもどこでもJ1、J2の試合がライブで見られると書いてあり、Jリーグが使用できると書いていないので、間違いないであろうPSストアの情報の方が正しいでしょうから、それでいて書いていないので、Jリーグが搭載されない可能性の方が高いと思います。

 

だってJリーグはウイイレで今までやってきてるし、ウイイレ人気がここ数年FIFAに追いついてきてるし、2015はスポーツゲームのNo.1の賞を受賞してるのに、JリーグをFIFAでやるかな~?と思いますしね。

 

FIFAがJリーグを搭載するとしたらFIFAの良さである動き出しのリアルさでJリーグが出来ることにより、Jリーグの選手の状況判断って高いじゃん(°д°)!っと思わせたいがためのアピールの為にFIFAでJリーグを搭載する可能性もあります。

 

もしJリーグが搭載となったら結構な人がFIFAも買うことになりますので、そこのところも、どうなっていくか気になるところですね。

 

そしてJリーグ搭載したらウイイレの売上は落ちるでしょうね。

と思っていましたが、見事にFIFA17にJリーグが搭載されました。

これ絶対ウイイレの売り上げ下ちるでしょうね。おまけにスペインリーグはバルサ意外偽名ですし、スペインリーグのマークまで全く違います。これもあって、ネットショップとかのレビューを見ているとふざけているなどの書き込みが多かったですが、ちゃんと選手の動きはリアルなままですので、問題はないですが、ユニホームは架空です。それだけは2016の方が良かったです。

それとバイエルン・ミュンヘンがないのも残念でした。

なんてこったゲーム性はAIは進化しているし戦術の幅も広がったのに、今回はまだライセンスは問題とまではいかないですが、今後のウイイレはライセンスが崩壊していきそうで怖いです。

 実況

ウイイレはこの選手はこうですからねーとか、こうだと思うんですけどねーなど細かいところまで実況してくれるのに対し
FIFAは○○さんどう思いますか?など尋ねられても、そうですねーここは危険なところですねーと、当たり障りのない会話というか、単純な回答しかしません。

 

実況の質はウイイレの方が1.5倍ぐらい良いと感じますし、
喋る時間は1.3倍ぐらいかなと感じます。

間違いなく実況はウイイレが圧勝です。

 

 ライセンス

FIFAに登場するチームはほとんどのチームのライセンスを取得しているので実名で表示されています。
それにFIFAの日本バージョンのやつでも、選手名だけは英語です。

それは少しマイナスですが、大体は何となく読むことはできますが、全くわからない場合があります。

 

ですが顔を見れば、だいたい誰かわかるし、顔を知らないのなら、そもそも選手名なんて気にしないですから、英語でも問題はありませんが、小学生とかなら英語で書いてあると厳しいのは事実ですので、そこはウイイレに一票ですが、ウイイレの場合だと日本人選手は全て実名なんですが、他のチームになると選手によっては偽名だったりするのと、チーム名もライセンスを取っていないチームが結構あるので偽名が多いです。

 

例えば、アーセナルだと、エンブレムや能力値はちゃんとしてても、アーセガムになっていて、新作が出たらなぜかノースロンドンとかいった全く違った名前になったりします。けどそこも笑えるという面で一つの魅力だと思います。新作で全く違う名前になってるのは、どうせ偽名なら、ノースロンドンといった名前で、全く違う名前やんっと突っ込んで欲しく、そこでも楽しんでほしいという思いからだと思います。

大抵の人がどうでもいいとは思いますが、どちらかといえば正式名であってほしいですね。

□説明は以上になります。

 

簡単にまとめると、

1・選手の動きは1-1の同点
2・操作時の選手自体のスピード感は1-1の同点だがFIFAの勝利
3・フェイントはー1FIFAの勝利
4・スーパーキャンセルは1-0ウイイレの勝利
5・選手能力値の違いは1-1の同点
6・オンライン対戦は1ー1の同点だがウイイレの勝利
7・グラフィックは1-1の同点だがFIFAの勝利
8・モードは1-1の同点だがFIFAの勝利
9・チーム数は1-1の同点だがFIFAの勝利
10・実況は1-0ウイイレの勝利
11・ライセンスは0-1FIFAの勝利

 

6勝3負2引FIFAの勝利ですが・・・

私はウイイレの方が良いと思います。
やはり、オンライン対戦のランキングで自分がどの位置にいるのか知れる面白さは大きすぎるので、それを考えたら、ウイイレが少し上だと思います。

 

関連記事

ウイイレ2017の進化

FIFA17の進化

FIFA17とウイイレ2017の体験版の感想

ウイニングイレブン 2016
FIFA 16

 

誰もが面白いと思える名作ゲームを紹介